2013/02/25

Nexus10 を工場出荷状態に初期化してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nexus7 を工場出荷状態に初期化してみた に引き続き、Nexus10 も工場出荷状態に戻してみました。
基本はほぼ同じですが。。。
今回も Cygwin on Windows 7 Professional (64bit) で実行しましたが、Linux でも同様に出来ます。

以下、前提条件です。
  • Android SDK がインストールされていること
  • %SDK Location%/platform-tools にパスが通っていること
  • 開発者向けオプション - USBデバッグがONになっていること

ブートローダーのアンロック

Nexus10 を USB で PC に接続し、以下のコマンドを実行します。もしくは、音量UP・DOWNボタン同時押しで電源ON
$ adb.exe reboot bootloader

すると、Nexus10 が再起動し、fastboot モードで立ち上がります。

この状態で以下のコマンドを実行。
$ fastboot oem unlock

ブートローダーをアンロックするか聞かれます。

タッチパネルは効きませんので、音量ボタンで選択し、電源ボタンで決定します。
Yes を選択して少し待つと、以下のようにFASTBOOT STATUS - OKAYoem unlockと表示されます。
これで、ブートローダーのアンロック完了です。

ファクトリーイメージをダウンロード

Nexus10 のファクトリーイメージは以下のサイトからダウンロード出来ます。
Factory Images for Nexus Devices - Android — Google Developers
2013/2/24 時点でのダウンロード先
ダウンロードしたら、解凍しておきます。
$ tar zxf mantaray-jdq39-factory-d79f489e.tgz

ファクトリーイメージの書き込み

解凍したディレクトリにシェルスクリプトが用意されているので、それを実行します。
$ cd mantaray-jdq39
$ ./flash-all

何の音沙汰もなく、少々待たされるので不安になりますが、そのまま待てば自動的に再起動して完了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...