2019/06/24

io.grpc.ManagedChannelProvider$ProviderNotFoundException が発生した時の対処方法

[Google Photos API](https://developers.google.com/photos/) の Java クライアントライブラリを使おうとしたところ、以下のようなエラーが出てしまいました。

```
io.grpc.ManagedChannelProvider$ProviderNotFoundException: No functional channel service provider found. Try adding a dependency on the grpc-okhttp, grpc-netty, or grpc-netty-shaded artifact
```

> Try adding a dependency on the grpc-okhttp, grpc-netty, or grpc-netty-shaded artifact

とのことなので `ManagedChannelProvider` の実装が必要なことはわかりました。
が、「どうやって指定するのよ…」と悩むこと小一時間。

2019/06/08

Windows に python-lzo をインストール

@Windows 10 Pro 64bit

[LZO](http://www.oberhumer.com/opensource/lzo/) というアーカイブ系ライブラリを Python でラップしてくれるパッケージに
[python-lzo](https://pypi.org/project/python-lzo/) があります。

Linux では pip で一発インストール可能なのですが、Windows ではエラーが出てしまいインストールできません。

```shell
`gutter: false;
> pip install python-lzo
Collecting python-lzo
  Using cached https://files.pythonhosted.org/packages/af/60/41f17f56c920a956f1d4b9f04f9755c045b2b06b9dd933b33cdd37ab9fd7/python-lzo-1.12.tar.gz
    ERROR: Complete output from command python setup.py egg_info:
    ERROR: Traceback (most recent call last):
      File "", line 1, in 
      File "C:\Users\yusuk\AppData\Local\Temp\pip-install-jzhjob69\python-lzo\setup.py", line 46, in 
        raise Exception("please set LZO_DIR to where the lzo source lives")
    Exception: please set LZO_DIR to where the lzo source lives
```

公式の Issue によると、これは仕様で、自身でコンパイルしないといけないようです。

> 参考
>
> [unable to install python-lzo using "pip install python-lzo" on Windows · Issue #5 · jd-boyd/python-lzo · GitHub](https://github.com/jd-boyd/python-lzo/issues/5)

2019/05/16

VSCode で Ctrl が Ctrl+CapsLock になってしまう場合の対処方法

Ubuntu 18.04 LTS で [Visual Studio Code](https://code.visualstudio.com) を使っていたところ、Ctrl + S を押してもセーブが出来ませんでした。

ステータスバーを見てみると "(Ctrl+CapsLock) was pressed" の文字が。

2019/05/14

Ubuntu 18.04 でキーボードレイアウトが突然変わってしまった

先日のアップデート後だと思うのですが、キーボードレイアウトが英字キーボードになってしまいました。

Mozc の `Show Keyboard Layout` で確認してみると、確かに英字キーボードになっています。
2019/04/03

コマンドラインから Android emulator を起動しようとしたら "Missing emulator engine ..." が出てしまった場合の対処方法

emulator 28.0.25.0 (build_id 5395263) on Ubuntu 18.04


久しぶりにコマンドラインから Emulator を起動してみると以下のようなエラーが。(Android Studio から起動した場合は問題なく起動しています)

```console
`gutter: false;
$ emulator -avd Pixel_2_API_28
PANIC: Missing emulator engine program for 'x86' CPU.
```

調べてみると、2017年3月の v25.3.0 以降、emulator コマンドのパスが変わったらしい2年もコマンドラインから Emulator 起動してなかったのか
2019/04/02

[Python] venv のプロンプトを任意のものに変更する

@Python 3.6.7

Python2 系も使うことが無くなってきたので、遅ればせながら [virtualenv](https://virtualenv.pypa.io/en/latest/) から [venv](https://docs.python.org/ja/3/library/venv.html) に移行してみました。

調べてみると、venv では virtualenvwrapper のような一元管理を使うのではなく、プロジェクト直下に `venv` というディレクトリを作って管理したほうが良いと書いてあるサイトがちらほら。

> 参考
>
> [venv: Python 仮想環境管理 - Qiita](https://qiita.com/fiftystorm36/items/b2fd47cf32c7694adc2e)

2019/02/27

RTNETLINK answers: File exists が出てしまった時の対処方法

@Ubuntu  18.04.1 LTS

一度 DHCP で IPアドレスを取得してしまったネットワークデバイスを静的アドレスに変更すると、以下のようなエラーが出ることがあります。

```console
`gutter: false;
$ sudo ifup eth0
RTNETLINK answers: File exists 
Failed to bring up eth0
```

これを解消するには、登録されているIPアドレスを一度消去してやります。

```console
`gutter: false;
$ sudo ip addr flush dev eth0
```

> 参考
>
> [networking - Solving “RTNETLINK answers: File exists” when running ifup - Raspberry Pi Stack Exchange](https://raspberrypi.stackexchange.com/questions/13895/solving-rtnetlink-answers-file-exists-when-running-ifup/51947#51947)